好評お庭とエクステリアのアドバイスフェア実施中

フジ・エクステリア

リ・ガーデン『遊』

テラス屋根記事の一覧です

リ・ガーデン『遊』

テラス, リフォーム, 人工芝, 今月の庭, 庭・ガーデン, 新着情報, 立水栓

, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

阪神間の大型分譲地で、R様邸の ガーデンリノベーション 工事が完成しました。

大手ハウスメーカー様の分譲地です。居住してみてストレスを感じた部分を一気にリノベーションさせました。

まずは工事前の状態を・・

 

使用頻度が少なかった ガーデン でした。雑草も生えています。掃き出し窓から降りる為のステップすら無い状態でした。

『ビフォースタイル』

リフォーム前のお庭

 

リノベーション後の全景です。

『アフタースタイル』

三協アルミのレボリューD

掃き出し窓の前に 洗濯干し場のテラス を造りました。水切り金物(建物床下の通気口)の下場で納まる高さにしています。お庭へスムーズに降りれる様にステップも造りました。デザインにもこだわり縁は300角タイルで仕上げ、コンクリートも色粉同色系でおさめています。ちなみにタイルも柄付き柄無しを2種類使い、表情を変えカッコよく仕上げました。

 

縁は300角タイルポーチ

 

建物基礎部に直接あたる部分には、エラスタイト

建物基礎部に直接あたる部分には、エラスタイトというスポンジみたいな材料を入れてます。(グレイ色の奴)家の大切な基礎部分なので土が直接触れないよう、慎重に工事します。ハウスメーカー様からは、弊社は『他業者』になるので、補償問題にも成りかねません。簡単な事ですが、注意をしなけなければいけない点です。

 

テラス屋根は三協アルミのレボリューD、2間×4尺

テラス屋根三協アルミのレボリューD2間×4尺です。ハウスメーカーの家の為、外壁に直付けが不可でした。(家の外壁に穴を開けたらハウスメーカー様の保証に抵触します)柱位置が手前になりますが、家の外壁に穴を開けずに設置可能な屋根 です。

 

 

化粧砂利 家の雨樋

家の雨樋。パイプ自体を埋めてしまい、タイルを貼った方が見た目はいいのですが・・この部分も外構屋としては、妥協してはいけない箇所です。化粧砂利で対応しました。砂利の下は土です。(雨樋に不具合が出た場合、タイルで埋めていたら弊社の責任になりメンテナンスができなくなります)

 

 

雨水会所に接続 物干し屋根の雨水排水パイプ

こちらは物干し屋根の雨水排水パイプです。床部に人工芝を貼ったので受けパイプを設置し近くの雨水会所に接続ました。これで大雨が降っても人工芝が水浸しにはならないです。

 

 

ステップ

 

人工芝 ステップ 

奥のテラスと洗濯干し場をブロックで造った オリジナルステップベンチ で繋ぎました。掃き出し窓から降りる時のステップの役目簡単に座れるベンチを兼ねています。

 

 

グランドコンクリート、アシュラ―スレート柄 人口芝

奥のテラスです。キッチンからの出入りが容易に出来るようプランしました。お子様がまだ小さく、人口芝の面積を少しでも広くしたかった事もあり台形型のテラスにしました。縁取りを300角タイルで造り、床部分は グランドコンクリート、アシュラ―スレート柄で外壁より少し濃くなる様、ベージュ色 にしました。

 

 

グランドコンクリート、アシュラ―スレート

 

グランドコンクリート、アシュラ―スレート タイル柄

全面にタイルを貼るより コストパフォーマンスが優れて ます。表面はラフ仕上げで適度にザラザラ感のある仕上げ方です。タイル特有の『滑る』心配が少ないのも特徴です。

 

 

テラス 人工芝

テラスで高さが出たので、ブロックを3段継ぎ足し、お子様が落ちないようにしました。(メッシュフェンスの柱は新設で、フェンス本体は既存を再利用しました)

 

 

カクダイ の立水栓とパン

既存の散水栓は移設し、カクダイ の立水栓とパン(水受け)に変更しました。

 

 

オリジナル人工芝ZEROターフ

土の水捌けがあまりよくないとの事でしたので、75mmの透水管を3列入れました。防草シートを敷き込み、オリジナル人工芝ZEROターフ を敷き詰めました。これで雑草問題、水捌け問題は解決し、いつでも緑鮮やかな メンテナンスフリーグリーン空間 になりました。

ハウスメーカーの家に対応 した ガーデン

堂々完成です。

担当プランナー:松岡 博孝

プランナー松岡【プランナーコメント】

R様とはあるエクステリアサイトで知り合いになりました。途中、お返事がもらえなかったので『ダメだったかな・・』思っていた矢先、ご連絡を頂きました。当初はカーポート屋根のご希望もありましたが、大型分譲地特有の決まり事カーポート屋根はNGとの事です。そんな内容があったので弊社に連絡するのに時間を要したとの事でした。R様はカーポート屋根はあきらめてガーデン・リノベーションをご希望されました。弊社の工事は法令順守(コンプライアンス)は当然の事、ハウスメーカー様からクレームを付けられない様に注意をし工事しました。ちょっとした部分ですがリフォーム工事では見落としがちな部分です。

完成後、R様、奥様に喜んで頂きました。と同時にお子様が人工芝の上で寝転んではしゃいでる姿を見た時、純粋に『工事をさせて頂いて良かった』と思いました。

作品名を勝手につけさせて頂きました。リ・ガーデン『遊』です。

R様、奥様有難うございました。このお庭で新たにご家族になられるお子様とお兄ちゃ

んになるS君。ご家族皆様で楽しく元気に遊んで幸せな生活を送られる事を願っ

ております。

これからも末長くお付き合いの程よろしくお願いいたします。

有難うございました。

HIROTAKA MATSUOKA

 

 

 

 

モダンな門柱&ウッドデッキ、テラス屋根

ウッドデッキ, テラス, 塀・フェンス,

, , , , , , , , , , , , , , ,

門柱は、ユニソン ゴードンウォール 門扉サンワカンパニー モンピ―ウェービー

門柱ウッドデッキ、テラス屋根をご紹介致します。

門柱は、ユニソン ゴードンウォール ウッドシルバー色。

門扉は、御客様支給品ですがサンワカンパニー モンピ―ウェービー

 

 

杉板の打ち放し風仕上げの化粧ブロックでとても高級感

杉板の打ち放し風仕上げ化粧ブロックでとても高級感があります。

 

 

ウッドデッキは、LIXIL 樹ら楽ステージ

ウッドデッキは、LIXIL 樹ら楽ステージ。さわやかなこの色は、クリエペール色です。

 

 

LIXIL シュエットを屋根

上部には、LIXIL シュエット屋根として取付ました。

 

 

特注高さの目隠しフェンス

特注高さの目隠しフェンスを採用した為、

フェンスは、ART WOOD社 Eee-Wood を使いました。

ラッピング材の木目と違い、天然木のような風合い

メンテナンスフリー人工木材です。

 

 

 

担当プランナー:斎藤 敦

ご相談はお気軽にご連絡ください

フリーダイヤル:0120-31-4128

メールフォームはこちら

 

テラス屋根を付けて多目的スペース完成!

リフォーム

, , , , , , , , , , ,

建物前面に、間口いっぱいテラス屋根を取付るリフォーム工事。

 

テラス屋根 LIXILスピーネF型

LIXILスピーネF型です。

玄関の前から階段の上までかかっているので、

雨の日も慌てずに出入りができ、

郵便物も濡れずに取りに行けます。

 

 

LIXILスピーネF型

 

LIXILスピーネF型

奥は子供たちのプールスペースになるそうです!

 

 

 

進化した人工芝で作る、三兄弟のサッカー練習場!

テラス, リフォーム, 人工芝, 受賞作品, 庭・ガーデン

, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Before

荒れた庭 雑草 庭のリフォーム 庭づくり 外構工事 大阪

 

荒れた庭 庭のリフォーム 雑草 大阪 外構工事 庭づくり

抜いても抜いてもすぐ育つ雑草達に悩まされ

手作業ではどうしようもない状態に…。

このスペースで男子三兄弟が大好きなサッカーがしたい、という事で

一面に人工芝を敷く事になりました。

この人工芝(メモリーターフ)は、

スパイク着用のサッカーグラウンドでも通用する耐性レベルで開発されており、

「つぶれにくい」「見た目がリアル」の両方を兼ね揃えた優秀商品です。

完成を待ちわびていたお子様たちが、裸足で芝生の上を走り回っていました。

 

 

 

After

人工芝 メモリーターフ 庭のリフォーム 大阪 サッカー練習場

 

 

人工芝 メモリーターフ サッカー練習場 庭のリフォーム 大阪 

 

 

照明 エクステリア ガラス 庭のリフォーム ガラスライト 屋外

 

 

テラス ポーチ 天井カーテン 庭のリフォーム 大阪 洗濯物干し場 アウトドアリビング LIXIL ココマ

 

 

テラス ポーチ 天井カーテン 庭のリフォーム 大阪 洗濯物干し場 アウトドアリビング LIXIL ココマ

リビングから繋がるテラスにはLIXIL ココマⅡの屋根を設置し、

さらに家族団らんが増えそうですね。

脱着可・伸縮可の物干し竿掛けもオプションで取り付けました。

 

 

※雑誌EXALIVE vol.2掲載