タイトル:モネの庭 -高知旅行―

おはようございます。

今日は設計部のmanaが投稿いたします。

 

すっかり朝晩の冷え込みが激しくなりました。

我が家ではホットカーペットを出動。

同時に猫たちも、そこで寝るようになりました。

 

 

先週、高知県へ旅しました。

2日間とも暖かく、車内は閉め切っていると暑いくらいでした。

 

2日目の午前中にモネの庭へ行ってきました。

印象派の巨匠「モネ」

フランス、ジヴェルニーにある「モネの庭」

ここで43歳から生涯の半分をこの庭

そしてアトリエがある邸宅で過ごしていました。

創作以外の時間を庭仕事に充てていたと言われています。

 

ここはモネの思いを高知の自然の中で再現され

本家より「モネの庭」の名称を許可されています。

 

モネと言えば『スイレン』

ジヴェルニーで咲くことがなかった青いスイレン。

ここでは咲いています。

スイレンの見頃は6月末から10月末

この日はギリギリまだ咲いていました。

 

池の周りにはバラアーチもありました。

5月中旬にはバラが咲き誇るようです。

 

遊歩道を1kmほど歩くと展望台があります。

1kmくらい大丈夫かと思いましたが、緩やかな坂道。

運動不足の私には登山のようでした・・・。

辿り着くと、絶景ポイントと書いているじゃないですか!

振り返ると・・・

太平洋の水平線がとてもきれいでした。

 

 

水の庭光の庭花の庭と大きく3つのエリアに分かれています。

光の庭は現在リニューアル工事中。

今回は残念ながら見ることができませんでした。

開園は来年の4月予定だそうです。

 

色とりどりのを咲かせ

 

紅葉も少し始まっていたり

 

大自然を眺めながらソフトクリームを食べ

 

ゆっくりと過ごしました。

 

 

午後からは「ゆず」で有名な馬路村に行きました。

モネの庭から25km。

山道だったので、距離以上に遠く感じました。

 

ゆずの森加工場へ行きましたが、祝日のため製造ラインはストップ。

動いていない工場内を見学しました。

見学後は、ゆずドリンクとステッカーをいただきました。

 

1日目はというと・・・

秋季キャンプ見学してきました。

 

高知空港に到着後、球場までの国道が渋滞。

球場に到着したのは13時前でした。

 

午後からは安芸ドーム内で練習する選手も多かったので

今回は半分くらいの選手しか見られませんでした。

次回リベンジしたい!

 

主にバッティングを見学。

連続ティーバッティングでギャラリーから

「がんばれ!」と声を掛けられ

終わったあとは、みなひざまずいていました。

 

右の大砲として期待される

陽川選手

 

中谷選手

 

江越選手

 

ホームランの数が圧倒的に少ないタイガース

彼らは素質を充分持っています。

右の大砲として活躍してほしいです。

 

 

高山選手大山選手のドラ1コンビ。

彼らも能力を発揮できていない部分があり

来年の活躍を期待したいです。

 

 

久しぶりに新井良太コーチを見ました。

高山選手、大山選手のバッティングピッチャーをしていました。

 

 

そんなこんなで、見ていたらみんな活躍してほしい!

という気持ちになります。

 

今年のゴールデングラブ賞梅野選手が2年連続受賞。

西投手もタイガースでは初めて投手として受賞しました。

 

気になるのは新人王

近本選手か、スワローズの村上選手か。

発表は26日(火)です。

ではまた。(次回は12月1日投稿予定です)