好評お庭とエクステリアのアドバイスフェア実施中

フジ・エクステリア

第33話 「ガーデンルームについて」


こんばんは。朱里です。

今回はガーデンルーム

いくつかお話をご紹介致します。

 

デザイン性の高いおしゃれなガーデンルーム

テラスを採り入れたお庭は機能的になるのはもちろん!

テレワークが多い今、心にゆとりが、

生まれる空間を手に入れることが出来ます。

ガーデンルームを増築する際には、

まずガーデンルームの特徴や施工費用

設置後にどのようなメリットやデメリットが

あるのかを知ることをお勧めします。

施工前にあらかじめ費用やメリット

デメリットを知っておくことにより、

本当にリフォームが必要かどうかについて判断することができます。

 

・ガーデンルームのメリット

ガーデンルームはサンルームと同様に

部屋に直接繋がった空間ではありますが

サンルームが太陽光を最大限に取り込める

設計となっているのとは違い

ガーデンルームはより室内に近い構造が特徴です。

そのため、サンルームに比べて

天候や季節の影響を受けにくく

年間を通してより暮らしやすい空間を

作ることができます。ペットのお部屋や、

子供部屋、趣味の部屋など多目的に活用できたり

外から直接出入りができるので

突然の来客にも役に立ちます。

もちろん、花粉やpm2.5、雨などを気にせず

洗濯物が干せるスペースとしても。

また、冷暖房効率を高める省エネスペースとしての役割も果たします。

・ガーデンルームのデメリット

 

ガーデンルームは、新築よりもリフォーム時に

設置されることが多く、これは、敷地の用途によって

建築できる面積が法規で決まっているので

ガーデンルームを建てる際は、建築設計事務所や

施工会社などの専門家に相談することをお勧めします。

また、ガーデンルームを施工する際には

日当たりについても注意が必要です。

日当たりが悪い箇所にガーデンルームを設置した場合、

太陽の光が内部に入ってこず、ガーデンルームの良さを

十分に発揮することができません。

日当たりが良すぎる場合についても問題で

夏場の日差しによって温度が上昇し

快適性が失われてしまう可能性もあります。

季節によっては温度調節が難しい場合があります。

シェードを付けたり、空調設備を整えたり

またドアの開閉をマメに行うことで

日射や風通しの対応してみてください。

ほかに、お隣さんや前面道路の

外部からの人目が付きやすいことや

防犯面も少し気になりますが、そんなときは

目隠しフェンス等で外部の視線を遮る工夫をするのをお勧めします。