好評お庭とエクステリアのアドバイスフェア実施中

フジ・エクステリア

『フェイスファサード・エクステリア』堂々完成。


大阪市かっこよくお洒落『フェイスファサード・エクステリア』が完成しました。

ブラックを基調とした 重厚感ある建物が特徴的 です。まずは全景をご覧ください。

外壁はブラック色。 木目調のアルミ材アクセント が入っています。

建物の顔部分になる玄関廻りを LIXILプラスGオリジナル カスタマイズデザインプランニング しました。

玄関ドアが引き戸で屋根(玄関庇)がありませんでした。プラスG フリールーフ特注サイズで造り、色目は玄関引き戸に合わせて、新色のチェリーウッドです。サイクルスペース、門柱廻りのインターホン、ポスト、表札、宅配ボックスプラスGにオリジナルに組み込み、サイクルポートがビルトインされた『フェイス・ファサード』が完成しました。

本来、角部に柱が立つのですが、車の出入りで邪魔をしますのでし、跳ね出し納まりにしています。

こちらが オリジナル門柱スカンコフ仕様 withプラスG です。

ポストユニソンロワール400。裏の取り出し口が引出し状で扱いやすいポストです。宅配ボックス LIXILのリンクスボックスタッチパネル式電子錠なのでセキュリティも安心です。カラーもブラックで合わせました。極めつけの表札はオリジナル表札ZEROのHEIZO です。ガラスマテリアルにLEDラインライトが仕込まれています。(レーザーカットで造った表札が付いていますが個人情報で写真は加工しています)

門柱を構成しているのはプラスGのデザイナーズパーツ。柱と柱の間をmm単位で職人さんと現場で打ち合わせ、加工しながらの組立工事でした。『フェイス・ファサード』の中でも一番目立つ所なので妥協せず仕上げました。バランス良くおさまったと思います。

道路面部と駐輪場の仕切り部は縦格子を組み込み、アプローチ外部からの視線を程よくカットしています。採光も採れ、プランニング通りのノンストレスな解放感 が実現できました。

アプローチタイルは ニッタイ工業シルクス300角 を選択。純白のタイルと外壁のブラックが モノトーンでシンプル&クール です。

家とプラスGとの間に施工上、隙間ができてしまったので、家の外壁を伝って雨水が入ってしまいます。LIXILの アルミユニットひさし スリムアート200 を取付。これで雨水対策はOKです。隙間から雨水は入ってきません。

ガレージ1台は建物にビルトインです。洗練されたシャープなイメージ&高級感がご希望でしたので、ホワイト系の 乱形石 でモノトーン感を演出し、コンクリートと交互に配置しました。スリットを設けて濃いグレイ色の 化粧砂利 を入れ、斜めのラインを強調させメリハリを付けてます。高級車に相応しい ガレージ になりました。

もう1台のカーポート屋根は LIXIL人気急上昇中カーポートSC です。オールアルミ製でポリカ屋根材が無い NEWスタイルカーポート です。シンプルでデザイナーズカーポートの装いが特徴的なカーポートSCアーバンエクステリアによく合ってます。

ガレージ奥は白い化粧ブロックを積みガーデン部を造りました。オリジナルの人工芝ZEROターフ を敷き詰めています。グリーンが鮮やかでとても綺麗です。

都会的で機能的なレジデンスマッチするよう、プランニングした

『フェイスファサード・エクステリア』 堂々完成です。

 

担当プランナー:松岡 博孝

プランナー松岡【プランナーコメント】

S様はあるエクステリアメーカーの弊社担当者からのご紹介のお客様です。驚いた点は、構造、建築確認申請等で、設計事務所は入ってますが、建築工事自体は既存建物の解体工事から全て知り合いの業者さんに工種別分離型で直発注し、お施主様ご自身が監督業務をされ完成された事です。(各資材の発注、納まりも含めてです)お施主様ご自身のお仕事が建設業に携わっておられるとはいえ・・なかなかできない事ですよね。すごいと思いました。外構工事に関しては良くわからないので・・ということでのご紹介でした。プランを提出し、少しの変更でご契約して頂きました。ご紹介ということで、紹介者の顔もあります。失敗は許せません。業者間での取り合いある部分もスムーズに出来、大きな問題も無くうまくおさまり良かったです。目指したのは・・・

機能的&シンプルモダン&バランス重視&ゴージャス感のある・・・

『フェイスファサード・エクステリア』

大阪市内の近代住宅に相応しい機能的で斬新なデザインのエクステリアになったと思います。

お父様、奥様、S様これからも末長くお付き合いの程よろしくお願いいたします。

有難うございました。

HIROTAKA MATSUOKA