好評お庭とエクステリアのアドバイスフェア実施中

フジ・エクステリア

『エッジの効いた四角形がモチーフ』『常識にとらわれないエクステリア』


阪神間の人気のある住宅地で シンプルモダンアーバン・エクステリア が完成しました。

お施主様と何度も打ち合わせを重ね、こだわりにこだわった エクステリア・ファサード です。(手前味噌ですが・・力作?です)

 

エクステリア 大阪 外構工事

専用通路と私道の角地でホワイトを基調とした邸宅です。大手ハウスメーカー様で建てられ、弊社ホームページを御覧頂き、 外構工事 のご依頼を頂きました。

 

エクステリア 大阪 外構工事

ブロックでウォールを3か所造りました。手前右端のウォールは1段凹ませ、表札、ポスト、インターホンを付けて 門柱仕様 です(表札は加工しています)。中央奥のウォールは タイルを斜め に貼っていますが、通常は斜めには貼りません。 常識にとらわれずオリジナリティを優先させた、タイル屋さん泣かせの貼り方です。ニッタイ工業 フェアフェース というタイルで 濃淡2色使い にし、奥行感を出しました。

 

 

エクステリア 大阪 外構工事

ウォールの前には植栽スペースを。自然なイメージのナチュラル感 が欲しかったので御影石を2色使いで高さをそろえず 隙間 を開けています。 ナチュラル植えマス です。

 

 

エクステリア 大阪 外構工事

乱杭石 の隙間から顔を出している植栽達が可愛らしく思えます。赤、緑、黄の3色の低木を混植していますので、時期が来れば 華やかになります。

 

エクステリア 大阪 外構工事

こちらは玄関側から。玄関ポーチに立っても 目隠し効果 があり、計算通りのファサードになりました。
立水栓 ユニソン フィーノ 、水受けは ライアンポット です。ステンレスの光沢がシンプル&おしゃれですね。立ったままで手洗い出来る高さが売りです。

 

 

エクステリア 大阪 外構工事

3か所ウォールの横にはアルミ角材を列柱しました。敷地の角部なので高さを低い奴から50mmずつ高くしていき一番高い柱が一番低いウォールの高さになる様に合わせて、圧迫感が出ない様にしました。列柱した柱の内側にはメインツリーの 常緑シマトネリコ H2.5mを植えました。家のカラーがホワイト系なので 植栽のグリーンがまぶしい位 によく映えます。

 

 

エクステリア 大阪 外構工事

ウォール前の植栽スペースには ZERO社オリジナルガラスライト『一条の光』 を2本入れています。高さは60cmと80cmにし、ウォールの高さとは逆にしています。

 

 

施工事例

建物裏側には立水栓を入れ、高い位置で手洗いができる様、水受けも高く作りました。

 

 

エクステリア 大阪 外構工事

ガレージ土間から続くアプローチはウォールに負けないよう、久保田セメントストーンパークを2色使いで派手目に仕上げました。グリッドパターンが素敵です。

 

 

ここからは ライティング です。まずは全景を。

エクステリア 大阪 外構工事

シマトネリコ のアッパーライトが外壁、ウォールに 植栽の陰影 を映し出します。

 

 

エクステリア 大阪 外構工事

ウォール前の植えマスに入れた 一条の光のガラスライト幻想的な光 を演出します。

 

 

エクステリア 大阪 外構工事

 

エクステリア 大阪 外構工事

 

エクステリア 大阪 外構工事

ウォールに映し出される低木の 陰影・・作られた影でなく自然の葉っぱが作り出す 自然の影・・植栽達の成長に伴い変化していく事でしょう。

 

エクステリア 大阪 外構工事

門柱のライトは ZERO社LEDテープライト です。

 

 

エクステリア 大阪 外構工事

近隣のなかでも際立つ エクステリア の堂々完成です!!

 

 

 

弊社担当プランナー:松岡 博孝

プランナー松岡【プランナーコメント】

R様は弊社ホームページをご覧頂きご注文頂きました。打ち合わせを重ね、最終的にはこの様な形におさまりました。家がキューブ&キューブなので基本的に四角形をモチーフに全体像を構成しました。カラーセレクトにも気を遣い、極めつけにタイルの貼り方を大胆に変えてデザイン性・オリジナル性を演出し、ライティングをする事で個性的なエクステリアが完成しました。これ以上こだわり、凝ってしまうと家より外構が勝ってしまう・・ギリギリラインでのプランでした。

完成して・・奥様から言われました。

『友達、知り合い等から絶賛されましたょ。うれしいです!!』

ありがたいお言葉です。頑張った甲斐がありました。この様なお言葉を頂けた事が一番うれしいです。

エクステリアの構成要素は多々ありますが・・法令順守、コストパフォーマンス、実用性、デザイン性、合理性、家族構成、安全性、地域の美観性etc・・・私的にはバランスを最も重要視しています。家と外構のバランス、近隣とのバランス、ご家族の生活スタイルとのバランス、カラーセレクトバランス、素材のバランス・・家より主張しすぎず、且つデザイン性がある・・家の価値を高める・・そんなエクステリアを日々目指しています。

R様、工事中、職人さん達に毎日欠かさずお茶を出して頂き有難うございました。西陽がきついときの冷たいジュース・・最高でした。あれで皆頑張れました。

『エッジの効いた四角形がモチーフ。常識にとらわれないエクステリア』

忘れられない作品になりました。

色々と有難うございました。

これからも末長きお付き合いの程よろしくお願い致します。

 

HIROTAKA MATSUOKA