環境と街並みに配慮した モダン エクステリア

こんにちは!

大阪 は 豊中市 より 斎藤 が お送りします♪

 

 

本日も、素敵な外構 をご紹介します。

ジャパニーズモダン デザイン です。

 

まずは 前景 から。

間口が広く、高低差のある 敷地に建つ

独創性高い平屋 の建物。

 

 

既存の石積 が続く、伝統ある住宅地に調和した

一体感のある 造りの アングル。

 

 

ガレージ を造る事で廃棄になる を再利用して

植栽の足元に 配置し、

SDGs 環境への統合性 デザイン を融合させました。

 

 

土留 となる 擁壁 を 門柱変わり にし

モダンエクステリア の 象徴、本実型枠 を 使った 杉板仕上げ

 

 

高低差解消 の 階段 には、天然石 を使い

転落防止手摺 は、シンプルなものを選びました。

 

 

階段 を登り切った グランドライン には

YKK シャローネ門扉SA01型

対となる 格子フェンス には、YKK ルシアスフェンス H09型

 

 

ガレージ の 床には、他の素材 を 活かせる 風合い の

ピンコロ石 を敷き詰め、ガレージ と 道路勾配 の違和感を

感じさせない 仕上げとしています。

 

 

門を入り、敷地奥に配置された 玄関 までの

長い アプローチ には、隣地側 へ 植栽スペース を設け

建物側 へは、黄梅白玉石、掃き出しへ入る 沓脱石 を 設置しました。

 

 

お出掛けする時も、ご帰宅された時も

毎日が小京都 を感じる、素敵なアプローチ です。

 

 

 

こんなに 長いアプローチ、気になる夜は・・・

もちろん 完璧な対策 で、料亭の小道 のような雰囲気としました。

 

 

門扉側 から見ても、しっかりと足元と 植栽 を照らし

素敵な演出 を しています。

 

 

 

高低差のある 階段 と お車の乗り降り がし易いよう

埋め込み型フットライト を入れて

 

 

 

門扉まで、ノンストレスで 動線 を 確保しました。

横桟の金物 から 透ける 植栽 も 雰囲気があります。

 

 

 

セミクローズ外構で 心配される 防犯性能 も

照明の使い方 で 安心感が増します。

 

 

 

存在感のある 建物のデザイン壁 には

植栽の 影 を映す、スポットライト

適材適所 な 照明選び も デザインの醍醐味 です。

 

 

こうして、環境と街並みに配慮した

新しい ジャパニーズモダン エクステリア の完成となりました。

 

 

 

本日は、この辺で・・・