好評お庭とエクステリアのアドバイスフェア実施中

フジ・エクステリア

自然石と人工芝。 ハイブリッドガレージ・リノベーション完成。

今回ご紹介する工事はガレージ 土間のリフォーム工事 です。ガレージ

西宮市の高級住宅街にそのお宅はあります。白色のRC(鉄筋コンクリート造)外壁が とても美しい邸宅 です。既存のガレージ土間は ターフグリッド に芝生が貼ってありました。ターフグリッド芝生を撤去し、 ピンコロ石600角をなんと約80ヵ所ガレージ土間 部分を デザイン しています。

ピンコロ石で造った600角と600角の間は 150mm幅のスリットを設け て、そこに 透水管 を埋め込んでいます。ガレージ自体が広く大きいため、雨水も大変な量になります。ガレージの勾配による 自然排水、自然透水 だけでは処理しきれないので会所まで 透水管 で雨水を集め、排水 できる様にしました。

ガレージ

ピンコロ石 で造形している600角も 揃えたデザイン ではなく、位置をずらす事で車のタイヤの荷重が1点に集中しない様に、又どの位置にでも 自由に駐車出来る様プランニング しています。150mmのスリットにはお施主様ご希望の人工芝 『ZEROターフ』特注で150mmにカット し敷き込みました。

ガレージ

お車は4台、どれも大型の超高級車の為、しっかりした駐車スペースが確保されており、鮮やかな グリーンと黒石のマッチング がとても かっこいい です。シャッターゲートからまっすぐに吹き抜けになっており、その先には素晴らしい景観とともに夜は夜景を一望できます。

ガレージ

撮影日は2月の中旬のため、両脇の芝生がまだ生育途中の状態ですが、シーズンになれば ガレージは緑で埋め尽くされることでしょう。

ガレージ

お洒落 素敵な建物白の空間鮮やかな緑と黒がアクセント となり、 重厚で美しく鮮やかな空間演出 ができました。

家の横壁はコンクリート(RC)の壁が垂直ではなく、1点を中心に 三角錐の様な不思議なデザイン の外壁です。

ガレージ

イメージは自然石と芝生のナチュラルテイスト 。表面仕上げだけでなく、 土の中の見えない部分 にこだわり

自然素材+人工素材+建物とのバランス+必要性のある隠された機能性+メンテナンスフリー・・・

『ハイブリッドガレージ・リノベーション』完成です。

COOLでお洒落に仕上がりました!!

こちらよりすべての写真がご覧いただけます。

こちらのお宅を担当させていただ来ました弊社プランナーは

弊社担当プランナー:松岡 博孝

プランナー松岡プランナーコメント

ご依頼をいただいた時、プランニングに悩みました。既存の土間の勾配が一部逆勾配になり難しく、現状では水はけがあまり良くなく、また芝生の為、車のタイヤで踏む部分が生育しにくく、芝生の刈りこみ等・・いくつか問題もありました。プランを提案し、今回のプランを気に入って頂きました。ガレージなので下地コンクリートは絶対必要ですし、勾配だけでは雨水の処理ができない・・・600角を1ピースにしてデザインした配置にし、スリットを設けて透水管を土中に埋め込むことで問題はクリアできました。12月の工事でコンクリート、モルタルの渇きも時間がかかり焦りましたが、何とか年内完成が出来てよかったです。工事中も高級なお車がズラリと有りましたので、私ともども、職人さんたちも養生を怠る事なく、傷、埃等に細心の注意をしながら工事していました事を思い出します。奥様もお忙しい中、『休憩で食べてください』と高級なお菓子、お茶をご用意していただき、お気使いありがとうございました。

お洒落で素敵なガレージになってよかったです。

S様、ありがとうございました。

W工務店様、ありがとうございました。

 

HIROTAKA MATSUOKA