好評お庭とエクステリアのアドバイスフェア実施中

フジ・エクステリア

カルテット×エクステリア・リノベーション

土間記事の一覧です

カルテット×エクステリア・リノベーション

セミクローズ, ファサード, リフォーム, 施工事例, 植栽, 車庫・カーポート,

, , , , , , , , , , , ,

今回ご紹介する施工事例は幾度とエクステリアリノベーションされているお宅。今回弊社に更なるご依頼を頂きました。

 

リフォーム

阪神間の閑静な住宅地にある角地の白色が特徴的なお家です。家自体もフルリフォームをされて今回 ガレージ、門廻り、アプローチのリノベーション工事をご依頼頂きました。

過去に何度か外構リフォームがされていて、家とのバランスがとれず、機能性もあまり良くありませんでした。「機能性、デザイン性、当たり前を当たり前にバランス」4点を重視したプランニングをしました。

before

こちらが既存のガレージシャッターゲート。シャッターが2か所に分かれており、横幅もバラバラで駐車しにくい状態でした。前のオーナーがシャッターを継ぎ足したような感じでした。
既存のゲートを解体撤去して三和シャッターサンゲートF型を設置しました。

 

電動ゲート

大型車もラクラク2台駐車できる様にサイズは最大寸法にしています。ステンレスパイプシャッター開放的でシンプル&COOL。ステンレスなので耐久性も◎。

 

既存の門柱位置はそのままでお洒落で豪華さのあるモダンな門柱にしたかったので、ニッタイ工業のコンブリオカンタービレMIXを貼りました。

凸凹感があり、重厚で高貴な色目がかっこ良すぎです。

表札素材はチタン表札灯はLIXILのLML7型のブラックで耐久性、デザインともシックでシンプルにまとまりました。

門柱

門柱の笠木には豪華に 黒い石を使用。

タイル貼りの門柱の角は「ピシッと」縦ラインを出し、細部までこだわったタイル屋さん泣かせの貼り方です。

この部分は私的に妥協できない部分でしたので・・タイル屋さんありがとうございました。)

 

植栽

アプローチのレンガ花壇。レンガ間の目地も着色して柔らかいイメージに。

 

門扉

こちらは施工前のアプローチ。階段の高さ、出幅が水平、均一ではありませんでした。

 

門扉

こちらがエントランスの仕上がりです。塀の上のフェンスを一部切抜き加工して LIXILのアメリカンなポスト を設置。これで雨に濡れずに郵便物を取ることが可能になりました。◎。

門扉は一般的なサイズよりも少し大きめのアルミ形材門扉、 LIXILのライシス9型 を設置。適度な透け感があり、敷地内なのであえて外開き仕様にして少し窮屈感のあった門廻りを一新。 ステンレスパイプシャッター の横ラインの デザインバランス と機能性を意識しました。

既存の塀、フェンスの色目が薄い色目なので
シャッタ-ゲートの ブラック  ⇒ 門柱タイルの グレイ ⇒ 門扉の ホワイト  ⇒ フェンスの ホワイト ・・・
カラートーン も濃い~薄いに変化させていき、違和感なくおさめました。

アプローチ

アプローチは既存のタイルを全面撤去し、下地を造り直し300角タイル貼りに。どの角度からでも出入りしやすいデザインにしました。

 

施工前 ガレージ

こちらは解体前のガレージ土間。人造大理石の平板を繋いだような変な土間勾配がついています。剥いでみてわかった事ですが、この下には岩があったため、前回のリフォームでは岩をちゃんと撤去せずそのままで土間勾配をつけて簡易に工事していた模様です。

 

ガレージ奥に土止めCP型枠ブロックを積みガレージの大きさ(幅、奥行きの各寸法)を調整、土間下の岩も綺麗に割って取り除きました。これで土間の勾配も従来通りの勾配がとれる様になりました。見えない部分ですがきっちりしないときっちりとは仕上がりません。 妥協できない部分は妥協してはいけません。(私の持論です)

カーポート

家側から見たガレージ。広い!!&雨が降ってても玄関から濡れることなく車に乗れます。

土間に黒ピンコロでラインを入れています。駐車時の ガイドライン と目地の役目です。

カーポート屋根LIXILのネスカFワイド 熱線ポリカ屋根のMAXサイズ。アルミのブラックが家のホワイトとモノトーンを醸しだします。

ガレージの入口部には高級素材の御影石を敷き詰め高級感UP!

カーポート屋根電動シャッタ―ゲートをつなぐ部分に雨が間から入らないようにヒサシを設置。

排水口

排水関係も新たに会所を移動させて再設置。雨水排水をコントロールしています。

電源はカーポートの支柱に同系色で収納。

古くなり、錆びついていた電気引き込みポールのBOXも交換。当時のモデルは廃版でした。が、パナソニックさんに頼んで新たに製作してもらいました。寸法的にもバッチリ決まりピカピカ になりました。これで計画であった

「機能性、デザイン性、当たり前を当たり前に、バランス」のカルテットエクステリアリノベーションは完成しました。

 

弊社担当プランナー:松岡 博孝

プランナー松岡プランナーコメント

カルテットエクステリアリノベーションと作品名を付けさせて頂きました。 『カルテット』とは4重奏の意味です。

「機能性、デザイン性、当たり前を当たり前に、バランス」の4つが必要不可欠なエクステリアリノベーションでした。本文には書いておりませんが、まだまだ書ききれなかった部分も多かったです。

インターホン、門灯、引き込みポールのボックスの交換で電気屋さんに来てもらいました。『松岡さん、インターホンの線が切れてますよ』『な・なにぃ~??』そんなことはありません。インターホンの線は交換できない状態でしたので土間コンクリートをやる前に2回通電確認を私自身がしていました。もう土間コンクリートは終わっています。『どうしよう・・』電気屋さんと2時間現場で悩んだ挙句、その日の夜、お施主様に報告しに行きました。

『確認はしていたのですが・・外部配管収まりではダメでしょうか?』 今までの経緯から手抜き、ミス等はまずないでしょう。仕方ないですよ。と。お施主様にはご納得していただきました。ありがとうございました。

約20年の経験の私でも、又、現場で2回も確認していたのにこんな事になるんだ・・と自信がなくなりかけました。リフォームの怖さが良くわかりました。 『当たり前を当たり前に』が出来てない事も想定しなければいけないと改めて痛感しました。 又、私が現場にいない時、来られる度に職人さん達に差し入れを頂きまして、ありがとうございました。

このお家でゆっくりと過ごされる事を願っております。

K様、ありがとうございました。今後も末永きお付き合いの程、宜しくお願いいたします。

HIROTAKA MATSUOKA

 

 

 

プランナーがこだわりぬいたトータルバランス!!

オープン外構, ファサード, プラスG, 塀・フェンス, 施工事例, 車庫・カーポート,

, , , ,

今回は『魅せるオープン外構』をお届け致します!

弊社プランナー松岡によるお施主様こだわりの施工事例です。

オープン外構

閑静な立地でシンプルモダンな邸宅です。

これから長い間ともに生活する外空間をデザイン、プランニングさせていただきました。

お家のカラーはブラウン&ホワイト。

建物と調和し、バランスよくデザインすることを意識し、お客様とともにクリエイトさせて頂きました。

 

ファサード

建物のカラーにマッチするように開放感のあるデザインプラスGオリジナルスタイルにしました。

高級感のあるデザインと、ウッド模様にシルバーをマッチング。(一部表札は加工)

重厚感があり、かつCOOLなファサードイメージを素材の色を変えて演出しています。

 

郵便ポスト
インターホン郵便ポスト表札表札灯をまとめて品格のある門柱に。

COOL&コンパクト感 ポイントです。

塀
塀は豪華な天然石を貼り、フェンス部分には絶妙は隙間をもたせてプラバシーと開放感を両立

 

外構

建物側面部分には白玉石を敷き並べ、お忙しい時期はこの状態ですが、将来は植栽などを楽しむスペースを確保!

 

 

全景
ガレージ土間部分の工夫をご紹介!

 

土間

土間部分は完全オリジナルです。

バランスよく主張しすぎないことに配慮しつつ色目を決めました。

 

土間
こちらに2台、車が駐車することになります。1台はワゴンの大型車、もう一台は小型車。

 

カーポート
こちらがカーポート!もちろん建物との調和を一番に考え・・・

 

カーポート

シルバーと木目調、後方支持の2本柱でデザインもおしゃれなカーポート。
カーポートを支える2本の柱は後方にあり、車の出し入れをしやすく配慮!

 

入り口

2台の駐車スペース確保のため、2段、3段の非対称階段に。これで2台をスムーズに駐車でき、車の駐車をしやすくする工夫をしました。タイルは部分的に色を変え、玄関の印象を柔らかく。

 

テラス

テラス部分もフェンスの圧迫感を絶妙な隙間で緩和。憩いのスペースを確保しています。

建物、雰囲気、バランス・・

これから長い間過ごされるスペースはトータルバランスのとれたオープン外構となりました。

弊社では経験豊富なプランナー達がとことんお客様のご希望に答えます。

今までの実績、経験を元に今後も長いお付き合いのできるそんな外構専門会社を目指しています。

まずはお気軽に弊社プランナーにご相談ください!!!

 

 

弊社担当プランナー:松岡 博孝

松岡博孝

ご相談はお気軽に!!

お電話:0120-31-4128

↓↓メールフォーム↓↓お問合せはこちら