好評お庭とエクステリアのアドバイスフェア実施中

フジ・エクステリア

お洒落でモダンなエクステリア・リノベーション堂々完成

『お洒落でモダンなエクステリア・リノベーション』完成物件第2弾です!!


まずは全景から

全景

リノベーションのご依頼を頂き、

門柱廻り、ガーデン、タイルデッキ、フェンス、ライティングと施工させて頂きました。

作品名は『Bel spazio exterior renovation』。

イタリア語で『素敵な空間 ~ エクステリア・リノベーション』です。

 

Before

施工前(門扉)

 

こちらがAFTER

家の外観とバランス的に合ってなかった化粧ブロックの門壁を

LIXILのモダンなタイルを2種類使い、イメージをさせました。

門柱と同じタイルで横ラインを入れ、

モダンな演出が出来ました。凸凹感のあるタイルの表情がとてもCOOLです。

 

オリジナルのガラスマテリアル『ティンクルⅡクラッシュガラス』を入れ、

10年後も飽きの来ない、オリジナリティ溢れるファサードにしています。

 

Before

玄関(Before)

 

AFTER

こちらは門柱裏側です。かわいい「ふくろう」がお出迎え・・・

先程のガラスの裏にはオリジナルライト『C-ポイント2』を設置。

ナイトシーンの必需品です。

既存のガラスブロックも

位置を変えて再利用しました。

 

 

LIXIL デザイナーズパーツの100角を側面、

ブロックの上に取り付けました。

アルミ柱を3本つなげて強度と美しさ、ブロックの笠木の変わりにし、

ガーデン部のフェンスプラスGのイメージを表現しています。

庭と玄関が離れていますが、同じ素材を使う事で

連続性のあるファサードを造りました。

ポスト上の3本のアクセントラインもフェンス材を使い、

あえて側面を魅せるオリジナルデザイン!!

(プロが作るハンドメイドです!!)

 

Before 

施工前(Beofore)

 

AFTER

こちらがガーデンスペースになります。

LIXIL タイルデッキ

シンプル&モダンに。

和室前は那智黒石を敷き込みました。

お母様の植栽スペースも造り、

既存のテラス屋根はそのままで流用しています。

プラスGが圧迫感のない程よい目隠しとなり、

道路からの視線を感じていたリビングも

横格子パネルでプライバシーの保護を実現。

南向きなので、太陽の光もしっかり入るように

計算した隙間で日当り最高のお庭です。

 

 

Before

施工前(Beofore)

AFTER

こちらが南側からの全景。

既存フェンスを撤去し、ブロックを

2段継ぎ足しプラスGを設置しました。

ブロックの中にプラスGの柱を収める事で、

タイルデッキの有効奥行と高さを確保しています。

お子様がまだ小さいので、極力段差ができない様工夫しました。

シンプルでモダンな縦格子。

主張しすぎない目隠しの横格子パネル。

角度自由なデザイン格子。

シャイングレーとクリエダークの

カラーセレクトがお洒落です!!

 

 

隣地側からもしっかりプラバシーが守れるように

角度が変えれるデザイン格子にしました。

 

ホワイトタイルとブラックのモノトーンが美しい

LIXIL「タイルデッキ」。

しっかりした高級なタイルです。重量があり、耐久性もGood!

プラスGの前には白色系ブロックで花壇を造り、

お施主様のジューンベリーと

『オリジナルガラスライト一条の光』を設置しました。

 

 

ユニソンの立水栓。水受けを蛇口の高さに合わせることにより

使い勝手の良さを実現。しゃがまないで

手洗いが可能になる様高さ設定しました。

外壁と同系色でアクセントになる濃い茶系を選択。

ステンレスの輝きが「お洒落です!」

 

忘れてはならないメンテンナス用の点検口。

こちらから既存配水管等のメンテナンスが可能です。

 

《ライティング!

こちらが門廻りの全景です。

12月第1弾でご紹介した「大自然に佇む陶芸趣味別宅のお洒落な外構リノベーション!!」でご紹介したお母様も戻られてきました。

そうなんです。こちらは2世帯住宅で、

第1弾でご紹介したお母様の娘さんご夫婦のお宅になります。

 

「門廻りの一条の光」。植栽達を華やかに映し出し、

職人さんが一枚一枚貼ったタイルが

高級感のある雰囲気を作ります。

植栽・門柱のタイル柄、ガラスのトップライトと

「ベストなバランス」を考えプランニング。

日中の顔・夜のライティングをイメージしながらご提案させて頂きました。

 

角地側からのライティングです。顔である門廻り、

暗くなりがちなガーデンスペース

プラスGのトップライトが優しく輝き、

ガーデン全体を明るくすることで安全面も確保しています。

防犯もライティングの大きな役目です。

 

階段下にラインライトを入れることで

足元の安全生を確保し、高級感を演出!!!

一条の光のブルーがアクセントカラーに。

(季節、イベント等で色変え可能なライトも魅力です。)

 

 

こちらがカメラマンのお庭のベストショット!

階段の照明が銀河のようになって美しい!!

肉眼で見ても美しいバランスのとれた絶妙なライティングです!!

 

撮影にご協力頂きましたお施主様ご家族です。

幸せなご家族が毎日見る、使う、遊ぶお庭だから

素敵な空間を』目指しプランナー松岡も

お客様の想いを形にすることにこだわり抜き完成させました!!

 

ご長女のKちゃんも元気に走り回り、

撮影班にもこの笑顔!!かわいいです!!!

 

ご長男のJちゃん!!元気いっぱい、IPPAI、一杯です!!

(よちよち歩きが最高にキュート!!)

 

いつまでも末永く、このガーデンと共に

素敵な空間・お時間をお過ごしください。

 

 

弊社担当プランナー:松岡 博孝

プランナー松岡プランナーコメント

お問い合わせを頂き、『相見積は条件です』『お庭を素敵な空間にしてほしいです』・・『了解しました』と私は返事しました。私の中でスイッチが入りました。打ち合わせを重ねていく過程で少し信用もして頂き、なんとか無事契約となりました。難しかったのは、門壁でした。裏にアルミの手摺があり、ポスト(前入れ後ろ出し)の設置高さ、既存門壁の大きさが決まっていてタイル割りで下地が造れず、又、アルミ角材でのオリジナルの笠木からの連動したアクセントの造形・・商品の選択ミス・・100%図面通りにできなくて、その場その場で奥様、ご主人様と連絡をとりつつ収まりを説明、確認、ご了承してもらいながらの工事でした。リフォーム工事なのである程度は現状に合わすと事前に説明はしていたものの、私の中では図面通り収められない悔しさが大きくありました。それでも柔軟に対応して頂き、ありがとうございました。又、文句も言わず工事してくれたメインの職人さん、タイル屋さん、金物職人さん、電気屋さん・・ありがとうございました。皆さんの技術と経験の賜物と思っています。

私の中では2018年で1番難しく、やりがいがあり、最高の仕上がりの作品になったと思っております。

お母様の別宅のリノベーション工事もさせて頂き、ありがとうございました。

皆様の今後の益々のお幸せを願っております。

ありがとうございました。

Hirotaka Matsuoka

 

外構・お庭のご相談はお気軽に!!

お電話:0120-31-4128

↓↓メールフォーム↓↓お問合せはこちら