好評お庭とエクステリアのアドバイスフェア実施中

フジ・エクステリア

第30話「建築基準法 -建築とは-」


今回は設計部のmanaが担当いたします。

 

第13話で建築基準法上の「建築物」についてお話しました。

今回は「建築」について簡単にお話します。

 

建築とは、更地の部分に建築物を建てる。

とだけを思いがちですが、それだけではありません。

 

「建築」とは建築基準法上、4つの行為を総称した語句です。

 

①新築

何も建築物がない敷地(更地)に建築物を建てる行為

BEFORE

 

AFTER

 

 

②増築

同一敷地内にある建築物の床面積の合計が増加すること

 

既存建築物と一体で増築する→一体増築

BEFORE

 

AFTER

 

別棟を同一敷地内に建てることも増築といいます→別棟増築

BEFORE

 

AFTER

 

 

③改築

建築物を取り壊して、構造・規模・用途が大きく変更なく造り直すこと

BEFORE

 

AFTER

 

※木造住宅を取り壊し、同じ延べ面積の鉄骨住宅を建てる場合は新築となります

 

 

④移転

同一敷地内において建築物を移動すること

BEFORE

 

AFTER

 

※他の敷地に移動すれば、その敷地においては新築となります

 

 

これらの行為を行う場合は「建築確認申請」が必要となります。

但し、防火地域・準防火地域以外では

増築・改築・移転の部分の床面積が10㎡以下の場合

建築確認申請は不要です。