好評お庭とエクステリアのアドバイスフェア実施中

フジ・エクステリア

シンプルなアーバンレジデンス・エクステリア

ブロック記事の一覧です

シンプルなアーバンレジデンス・エクステリア

セミクローズ, ファサード, プラスG, 新着情報, 施工事例, 車庫・カーポート

, , , , , , , , , , , , , , ,

 

外観

大手ハウスメーカー新築の、外壁全面が総タイル貼りのお宅です 。
これから新築住宅が立ち並ぶ一角にあり、道路向こうには大きな川が流れ、眺めもよく気持ちの良い環境です。

トータルバランスと合わせ、まず周辺住宅の外構リサーチからはじめました。
川沿いの道路と、正面にも新築住宅が建つため、玄関にはLIXILプラスGで目隠しを作りました。

 

 

 

塀

今後こちら側にも新築が建つ為、フェンスとブロックを立てお互い気を使わない境界部を作りました。

 

 

 

LIXILプラスG

あえて『和』テイストの目隠し細格子パネルに、ポスト・表札・表札灯、宅配ボックスをコンパクトに集約。
正面から見た時はうっすら玄関が見えますが、少し角度がつくと見えにくくなり、川側からは玄関はほぼ見えなくなります。
ファサードがあれば高級感が生まれます。

 

 

 

表札

写真の表札は加工を施していますが、ガラスに漢字でお名前を入れてます。
柱と柱の間に同色角材を水平方向に入れ、よりモダンなデザインに仕上げました。

 

 

 

 

玄関

細格子パネルの使用で圧迫感もなく、気持ち良い光と風が入り込みます。
ポスト、宅配ボックスへのアクセスは屋根があるため、雨の心配もなくストレスフリー。

 

 

 

 

 

 

 

カーポート

自家用車へのアクセスも雨の心配はなく、屋根材は熱線吸収ポリカ―ボネイトなので夏場の太陽からお車を守ります。

シンプルでありながら高級感、重厚感のあるエクステリアになりました。

 

弊社では、いろいろな工夫をプランナーがご提案させていただいております。
経験豊富なプランナーと実績でどんなわがままでも言ってみてください。
デザイン、コストパフォーマンス、機能性、実用性等、
様々な角度からご提案致します。
是非、一度ご検討中であればご相談くださいませ!

 

 

 


 

担当プランナー:松岡 博孝

プランナー松岡プランナーコメント

お施主様との出会いはLIXILで開催した外構エクステリア相談会でした。
ファーストプランを提出し、時期的にも早かった事もあり時間が過ぎた頃に連絡を頂きました。
当初と住宅のプランも変わっており、またプランを再考し気に入って頂けました。
『あと数社に声を掛けているので後日連絡します』
後はエクステリアの神様に祈るのみです。後日連絡がありました。
『フジ・エクステリアさんに決めました』ありがとうございます!!
後は各商材の色目を決め工事にかかるのみです。私はいつも最後にお施主様にお聞きします。『なんで弊社を選んで頂いたんですか? 』と。『外構プランが他社と違ってた。一番気に入った。コストパフォーマンスはどこも似ていた・・だったら一番お客の目線で工事をやってくれる業者にしたかった。熱さを一番感じたから。』ありがたいお言葉を頂きました。営業冥利に尽きます。
私の考え方を理解して頂けるお客様がいる限り私は頑張ります。
と同時に私の営業は間違ってないと再確認できました。

S様、ありがとうございました。
今後も末永きお付き合いをよろしくお願いいたします。

HIROTAKA MATSUOKA

 

 

第1話 「ブロックの種類」

設計の森

, , , , , , , , , , ,

設計部 ヤマシタです。

第1話は ブロック の種類のお話です。

 

建築用 コンクリートブロック の種類は大きく大別すると

 

 ■普通コンクリートブロック

%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%96%e3%83%ad%e3%83%83%e3%82%af

    

 

 

 

 ■化粧コンクリートブロック

%e5%8c%96%e7%b2%a7%e3%83%96%e3%83%ad%e3%83%83%e3%82%af

 

 

 

 

 

の2つの種類のコンクリートブロックがあります。

両者の主な違いとしては、デザイン性・重量など違いがあります。

 

 

普通コンクリートブロックの中でも一般的に市場で流通している寸法が、

幅390×高さ190

厚さが 10㎝ ・ 12㎝ ・ 15㎝ ・ 19㎝

の4つの厚さのブロックが基本です。

 

block1

 

 

 

 

 

建築用コンクリートブロックはそれぞれの厚さごとに

 ■基本用(基本ブロック)

 ■横筋用(鉄筋を横に配筋出来るタイプのブロック)

 ■端部用(コーナーブロック)

 ■端部用2分の1(2分の1サイズのコーナーブロック)

 ■天端用笠木コンクリートブロック)

 ■飾り用(スカシブロック) など

様々な種類の建築用コンクリートブロックが存在します。

 

コンクリートブロックは、水平・垂直方向に規則的に並べて積み上げて用います。

コンクリートブロックの 断面 をみると、 角のとれた矩形 もしくは 円形の穴 が開いています。

この穴を用い、 鉄筋を通す ・ モルタルを充填する などの方法で構造的に強化することができます。

 

 

また。表面を加工した化粧ブロックは

表面に色や凹凸を付け積み上げただけで 化粧された壁面 ができるように作られたコンクリートブロックの事です。

 

新築・リフォームの 境界ブロック

%e5%a2%83%e7%95%8c%e5%a1%80

 

 

 

 

 

 

 

門柱

%e9%96%80%e6%9f%b1

 

 

 

 

 

 

 

 

花壇 など

%e8%8a%b1%e5%a3%87

 

 

 

 

 

 

 

様々な 寸法 デザイン カラー があるので、好みに応じて様々な演出することが可能です。