建物」タグアーカイブ

赤いオーニングテント が キュート な スパニッシュエクステリア ~パースギャラリー~

おはようございます。

今日は設計部のmanaが投稿いたします。

 

弊社で大変お世話になっている方から

いただいたお中元の箱

猫にちょうどよい大きさだったので

持って帰ってみました。

 

早速、猫IN!

順番待ちも発生しました。

 

 

今回は先月ご紹介いたしました

「赤いオーニングテント が キュート な スパニッシュエクステリア」

こちらの物件のパースギャラリーです。

※パースはイメージですので実際の仕上がりとは若干異なります。

 

まずは前景

三角屋根に瓦がキュート、スパニッシュな建物

 

ガレージシャッター三和シャッターサンゲートR型

建物と同じ吹付色に仕上げています。

隣地との目隠しには

ユニソン化粧ブロック リゲル

LIXIL フェンスAB YL3型 シャイングレー

 

門扉は優しい色合いの木目調

LIXIL 開き門扉AA YM1型

色はチェリーウッドです。

 

門扉とシャッターの間の壁には

アクセントフェンスとして

LIXIL アーキキャストスリムフィックスフェンス

背が高く重くなりがちな壁を

軽やかに演出しています。

 

中庭タイル貼りテラスには

シンボルツリーシマトネリコ

 

リビング、廊下、あらゆる角度から見える

素敵な配置になっています。

 

テラスには大型のオーニングテントがあり

室内への日除けとお庭でくつろぐ時の日陰を作ります。

 

スパニッシュな建物に赤い色がとても映えます。

 

お庭時間を楽しめるテラス。

猛暑のこの時期にはオーニングテントも大活躍ですね。

 

 

先月、甲子園球場へ行ってきました。

1月に甲子園詣へ行って以来、半年ぶりです。

(甲子園詣の模様は1月19日に掲載)

 

チケットは係員に渡して半券を切り取るのではなく

QRコードで読み取る式でした。

接触を減らす試みですね。

 

できるだけ人との接触を避けるため

公共交通機関を使わず、一人で観戦。

試合中も座席から一切離れませんでした。

 

久しぶりの野球観戦、初回から福留選手のファインプレーに

思わず涙が出そうなくらい感動しました。

 

シーズン開幕当初はなかなか勝てず

最大負け越しが8つありました。

この日の勝利で今シーズン初めて

勝率が5割に到達しました。

 

久しぶりに野球観戦を満喫できましたが

新型コロナウイルス感染者が増えている今

行動をさらに慎重に考えなければならなくなりました。

 

毎年楽しみにしている遠征も難しいでしょう。

来年は明るく、旅や野球観戦をお伝えしたい

切に願います。

ではまた。(次回は9月6日投稿予定です)

大阪 おしゃれなセミクローズ外構

こんばんは!

今日は最近 完工 しました おしゃれ外構 をご紹介。

ナチュラルセミクローズ 外構 です。

門灯インターホン子機 を取り付けた 角柱 には、 玄関まわりにも

貼られてます ニッタイ工業 の  マジカルライトストーン のPLシリーズを

貼り、建物外構 の一体感を。

こちら EXALIVE新商品 HEIZO です!

アルミフレームスリット の入った 合せ ガラス で囲み内部に

フレックスLED が仕込まれてます。

今回は HEIZOレーザーカット表札 をつけさせて頂きましたが、

消させていただいております。

レーザーカット表札点灯 時はこんな感じ。

アプローチ洗出し 仕上げ、ガレージスタンプコンクリート

ナチュラル曲線 を 描きました。

普段 シンプルモダン外構 が多い私ですが、こういう テイスト の

外構 も楽しいですね~改めて思いました!

なかなかバタバタした日々を送ってますが、引き続き頑張ります!

 

 

こだわりの詰まった スパニッシュ エクステリア

こんにちは!!

大阪豊中市 より 斎藤 がお送りします♪

 

本日は、完成したばかりの スパニッシュ エクステリア

余すところなく ご紹介 したいと思います。

 

 

まずは 全景 から!

しかも こだわりの 少し上から の ショット!

建物美しいファサード が伝わります。

 

門廻り には、テッセラ石風タイル 吹付上品なコラボレーション

門扉三協アルミラビロス4型 ヨーロピアングリーン。

表札福彫HP-1グリーン色 に こだわり を。

 

アプローチの床仕上げ は、ユニソン クレモナストーン

色は トパーズイエロー

毎日の外出 が楽しくなる 明るいアプローチ です。

 

全面的に クローズ外構 を意識しましたが、シンボルツリー の 奥に

アルミ角柱 を建て、抜け感透け感 を表現。

門柱の笠木 と合わせて、シャッター 部分にも 帯 のアクセント

 

シャッター は、三和シャッターサンゲートR型

吹付仕上げタイル貼り も出来る 万能型ユニットシャッター

どちらの仕上げも兼ねた ハイリンクデザイン です。

 

 

お庭に入ると ご趣味を活かした プライベートガーデン

 

ユニオンビズメモリーターフ を使った

ゴルフ練習場 です。

 

毛足 の種類を変え 13mmパター 部分

28mmカラー 部分 を表現しました。

 

このような イメージ で 毎日 ご自宅で タッチの練習 が出来ます。

とっても 羨ましい!

 

デザイン にも ご趣味 にもこだわった

スパニッシュ エクステリア

素敵な外構 の 完成となり、お手伝いさせて頂いた事を光栄に思います。

 

 

 

本日は、この辺で・・・

 

 

シンプルでおしゃれなオープン外構

こんばんは!

最近完工しました現場をさらっとご紹介☆

白と紺の外壁が印象的なお家。

ポストは紺の外壁や玄関扉にあわせ、UNISONのポスト『コジャクSD』。

青鈍(あおにび)と言う色です。思った以上に外壁や玄関扉の色目に

近く、すっきり綺麗にまとまりました。

ガレージにはUNISON カッシアを敷き詰めました。

アルテシルバー色でさりげなく、石畳風に仕上りました。

シンプルな工事内容と色づかい。

建物と良く調和された納得の外構となりました!

 

それではまた来週~☆

 

 

 

 

 

RIK SQUARE!2018

おはようございます。

今日は設計部のmanaが投稿いたします。

 

かわいらしい猫の絵

こちらはハンドクリームです。

下の方に「nikukyu no kaori」→「肉球の香り」

と書かれています。

クリーム自体は、ものすごく甘い香りがします。

肉球の香り??

ピンク色の肉球のイメージでしょうね。

 

 

先日「RIK SQUARE!2018」という

イベントがありました。

弊社で利用しているCADのメーカーさんが

年1回開催しているイベントです。

今年は初めて東京会場からインターネットで

ライブ中継されました。

 

第一部

『2020年以降の住宅産業“最新予測”』

株式会社新建新聞社 代表取締役社長

三浦祐成氏の講演

 

近年、住宅単価が下がってきている。

1棟あたり400万円を切る住宅も販売されている。

このまま価格競争に走っていっていいのか!?

 

キーワードとして「レインボーオーシャン」

上げられました。

レインボーオーシャンとは「見える人には見える」

→本当にいいものに気づく

→いいものを適正価格で提供

 

売買下落→人件費削減→モチベーションが下がる

ブラックビルダーを増やさないためにも

価格競争から抜け出す必要があります。

 

「いいもの」高品質、らしさ、信用、オリジナル

適正な価格で販売し、結果的に満足度が高ければ

安くなったこと(心理)になる。

 

これから人口も減少していくので、大量生産よりも

個々のニーズ、生活スタイルに合わせた考え方で

ものづくりをしていく必要があるかもしれませんね。

 

 

第二部

『街と家の“間”を考える』

~最高の住まい空間をつくる建築家が考える外部空間の役割とは~

建築家 伊礼 智氏の講演

 

伊礼氏設計の建築事例がたくさん紹介されました。

中でも造園家の荻野寿也氏とのコラボレーションが

やっぱり好きです。

樹木の配置、枝張りの向きなど一つ一つ丁寧に

考えられています。

どの木も樹形がキレイ!

 

荻野氏は大阪出身の方で、以前講演会に行ったことが

ありますが、とても話が楽しくて聞きやすかったです。

 

伊礼氏は建物を低く、天井を低くすることを

師匠の教えを元に守られています。

 

屋根の軒先が低いと家を美しく見せる

ディデールになる。

天井が低いと落ち着いた空間になる。

(どこかのCMで聞いたような・・・)

また、窓をできるだけ減らす。壁面を増やす。

 

現代の住宅とは真逆のような気もしますが

実際に建築事例を見ていて、落ち着いた空間に見える

と感じました。

 

第一部とも重なりますが

どのような家に住みたいか?

建築家はお施主様のニーズや生活スタイルに

合わせた設計を何度も練り直し考えていき

満足度の高い住宅を作る。

既成・オーソドックス・大量生産とは違った

ものの作り方をしていかなければならないと

再び感じました。

 

 

第3部 トークセッション

伊礼氏×三浦氏×粟井氏(ユニマットリック社員)

全会場からスマートフォン等で質問を受け付けていました。

時間が押していたため、もう少し質問を受け付けてくれたらな

という部分もありましたが、三者三様の意見を聞き

外構に携わっている人間としては粟井氏の意見に

うなずける部分がたくさんありました。

 

月末で長時間の外出は痛い・・・と思いましたが

貴重なお話が聞けて有意義な時間を

過ごすことができました。

 

今年も残り約3週間、寒暖の差に負けることなく

がんばりたいと思います。

ではまた。(次回は12月30日投稿予定です)

エキゾチックな植物たち

こんにちわ 東浦です

 

先日お引渡しさせて頂いた物件の紹介です。

ホワイト+ネイビーにウッドのアクセントで彩られたスタイリッシュモダンな建物

ファサードの中央にはエキゾチックな植栽でアクセントにボリューム感を持たせました。

庭部分は合理的に広々としたテラススペース

目隠しフェンスでプライベートな空間を作成