好評お庭とエクステリアのアドバイスフェア実施中

フジ・エクステリア

第14話「擁壁の話」

第14話 「擁壁の話」

設計の山田から 11話の続き 擁壁構造計算ですが、

設計条件を 決めていきます。

土圧係数(K)摩擦係数(μ) 内部摩擦角(∮) 壁面摩擦角(δ)

表面載荷 コンクリート単位体積重量 背面土の単位体積重量 地盤許容支持力

 

土圧係数 摩擦係数 背面土の単位重量は、土質によって異なります。

土質は、3種類にわけられます。

宅地造成規制法施行令7条別表第2.3.4.より

第1種として 岩、岩屑、砂利又は砂利まじり砂

土圧係数0.35 摩擦係数0.5 単位体積重量1.8t/m3

第2種として 砂質土 真砂土 関東ローム層 硬質粘土その他これらに類するもの。

土圧係数0、4 摩擦係数0.4 単位体積重量1.7t/m3

第3種として シルト、粘土又はそれらを多量に含む土

土圧係数0.5 摩擦係数0.3 単位体積重量1.6t/m3

※兵庫県は、土質データーがない場合第2種で、大阪府下は、第3種で

   計画することができます。

 

地盤支持力は、標準貫入試験 もしくは、サウンディングデーターから算出します。

背面土圧 表面載荷による土圧 水平力 鉛直力を求め

次に擁壁の形状から各部位ごとに重量を求め モーメントを出します。

上記の条件で、転倒 活動の安全性の検討を行い 安全率1.5以上で、OKとなります。

地盤支持力の検討もお忘れなく。

 

安全が、確認できたら部材算定となり コンクリートに対する鉄筋量を計算し、

施工しやすいピッチで、配筋図を作成します。

 

各自治体で 手引書があります。これらを参考に 開発指導家科と 協議の上、

申請します。

 

今回は、触りだけ。

 

続きは、次回お楽しみに。

 

外構工事と造成工事は、同時に計画しないと 外構を軽視して造成をすると、

後で後悔することとなりかねません。

造成の知識があるスタッフと プランを勧めてください。