好評お庭とエクステリアのアドバイスフェア実施中

フジ・エクステリア

第12話「歩きやすい傾斜路」

設計部の愛です。

今回は傾斜路(スロープ)についてのお話です。

昨今の高齢化社会に伴い、アプローチ部分に階段だけではなくスロープをご希望されるお客様が増えています。

しかし、道路との高低差や車庫スペースの取り方など現場の状況により、

車椅子での走行を考えると、スロープにするには角度が付き過ぎて無理があるという場合もあります。

では、具体的には車椅子や松葉杖の場合、どの位の勾配でどの様な状態になるか示した図がありますので

こちらを参照ください。

歩きやすい傾斜路

 

自走する場合、最も快適なスロープは、勾配5%といわれ、やむをえない場合でも8%以下が望ましいとされています。

12%を超えると、歩きにくく手すりが必要になり、健常者の方の介助が必要です。

 

公共交通機関や施設、道路や公園等では平成18年に施行された「バリアフリー新法」により、

高齢者、障害者の方が自立し、安全に利用出来るような整備の促進がすすめられています。

 

とは言え、我が家に歩きやすいスロープはつくのか?なかなか想像しづらいと思います。

バリアフリーリフォームは、介護保険の住宅改修助成制度を利用できる場合があります。

また、自治体によっては助成制度を設けているところもあります。

新築、リフォームをお考えの方 お気軽にご依頼下さい。

イメージパース付きの図面でわかりやすいご提案をさせていただきます♪